インフルエンザの症状を知る意義|冬こそ注意

風邪に似た感染症

マスクの女性

感染症の特徴

空気が乾燥する季節になると流行するインフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症です。インフルエンザの主な感染経路は、感染している人の咳やくしゃみからウイルスを吸い込んで感染する飛沫感染です。また、ウイルスが付いた手すりやドアノブなどに接触して感染する場合もあります。体内に入り込んだウイルスの潜伏期間はおよそ1〜3日で、その後急に38℃以上の高熱が出ます。高熱の症状と同時に寒気、関節痛、のどの痛み、頭痛、咳などの症状が出るようになります。また、嘔吐や下痢など消化器系の症状がでる場合もあります。症状の重さには個人差がありますが、全身に様々な症状が出るのがインフルエンザの特徴といえます。インフルエンザは一般的には数日で症状が改善し回復してきます。ただし、幼児や高齢の方は重症化して肺炎や脳炎を発症する危険性がありますので病院で治療を受けるようにしましょう。病院ではインフルエンザの検査をしたあと、症状に応じた内服薬とタミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬で治療を行います。抗インフルエンザ薬は発症から48時間以内に投与すれば、体内のウイルスを減らす効果があるので症状が軽くなります。抗インフルエンザ薬の使用については医師の指示や判断に従うようにしましょう。健康な大人でも疲れが溜まっていたり体力が低下していると、感染しやすく回復も遅くなってしまいます。生活習慣が乱れないように気をつけることもインフルエンザ予防に繋がります。

マスク

冬に流行する病気の予防

冬場に流行することで有名なインフルエンザは、風邪に似た症状です。しかし、一般的な風邪とは違い、高熱にうなされることが特徴となります。他人に感染することから発症すると厄介な病気として認識されています。そのため、かからないように予防することが重要です。

ウィルス

呼吸器感染症を診断する

インフルエンザの症状は、呼吸器系の症状は風邪と似ていますが、高熱が出たり、風邪よりも全身症状が強いという特徴があります。インフルエンザの簡易的な診断方法として、イムノクロマトが挙げられます。短時間に簡便に診断できますが、感度が低いのが問題点です。

菌

早期の対処が大切です

インフルエンザの初期症状は、急な発熱、寒気、強い全身のだるさ、筋肉痛、関節痛、頭痛などがあげられます。高熱を放置すると、全身にダメージを受けることがあり、肺炎、気管支炎等の合併症発症のリスクがあります。インフルエンザ疑いの場合、速やかに医療機関に受診し、対処が必要です。