インフルエンザの症状を知る意義|冬こそ注意

冬に流行する病気の予防

マスク

リスクを減らすには

毎年冬になるとインフルエンザの流行がニュースになることもあり、インフルエンザはウイルス感染の病気の中でも知名度が高くて発症しやすい病気として有名です。そんなインフルエンザの症状としては、一見すると風邪にも似た症状です。インフルエンザ特有の症状として、急激な高熱が出て倦怠感や寒気などを感じるといった症状があります。とくに風邪のように喉の痛みや鼻水、くしゃみなどがない場合で高熱が出たら、インフルエンザを疑ってすぐに病院で受診しましょう。とくにストレスが多くて生活が不規則、冷え性で人込みに出かけることが多い場合は感染リスクも高く、さらに妊婦や高齢者、乳幼児などは免疫力が低いために注意が必要です。他にも慢性的な呼吸疾患や糖尿病患者など、持病がある場合も注意しましょう。それゆえに予防としては免疫力を高めるような生活習慣が理想的ですが、それ以外にも基本となる対策を実施することも大切で、うがいと手洗い、室内の加湿は実施しましょう。そして感染者との遭遇もできるだけ避けることが無難で、流行時には外出の際に人込みを避けたり、病院でも感染リスクがあるのでマスクなどの予防対策を実施してください。また予防接種は確かに予防効果はありますが、個人差もあるので必ず発症しないというわけではありません。また発症した場合はすぐに抗インフルエンザ薬を利用することで早期回復を見込めます。しかし、熱が下がってもまだ体内にウイルスが残っている可能性もあるのです。そのため、処方された薬はちゃんと熱が下がった後も服用することが大切です。最低でも二日間は自宅で療養するようにしましょう。