インフルエンザの症状を知る意義|冬こそ注意

早期の対処が大切です

菌

インフルエンザは毎年、12月から2月ごろまで猛威を振るいます。普通の風邪とは少し違い、インフルかもと疑いのある場合は速やかに医療機関を受診し対処しなければなりません。インフルエンザの初期症状は、38℃〜40℃の急な発熱、寒気、強い全身のだるさがきます。高齢所では高熱がでないこともしばしばあります。また、全身症状として筋肉痛、関節痛、頭痛が起こります。インフルエンザ発症後、高熱が3〜4日ほど続き、その後、熱が引いて体内に免疫がつくられ、2〜3日で完治します。高熱は体内の水分を奪い、脱水症状を引き起こします。そのため発熱時は安静とともに十分な水分摂取が必要となります。また高熱は水分が奪われるだけでなく、体力を著しく消費します。人間の体は高温になりすぎると、体内の臓器にダメージをあたえます。そのため適切に解熱剤を使用し、高温になりすぎないようにしなければなりません。特に子どもや高齢者は抵抗力が弱いため、肺炎、気管支炎などの合併症に注意しなければなりません。体力が低下している状態に合併症を引き起こすと症状が悪化するだけでなく、最悪の場合、死に至ることもあります。インフルエンザの予防には、流行時はまめに手洗いやうがいが基本です。人混みに行かない、行くときは不織布性マスクの着用、これらはすでに定着しているといえます。最近では、ドライノーズの改善目的で、鼻の穴にワセリンを塗ることにより、鼻の粘膜を保護し、バリア機能を高める方法がインフルエンザ予防に効果的といわれています。